※画像は他グレードと共通のものを使用しております。

スバル レヴォーグ
新車・中古車
リース価格
19,800円〜月/(税込)
レビュー
総合評価
4.2(51件)

スバル レヴォーグ カタログ・スペック情報

フルタイム4WD / 5名 / CVT(無段変速車)

ボディタイプワゴン
ドア数5ドア
乗員定員5名
全長×全幅×全高 4755×1795×1500mm
ホイールベース2670mm
トレッド前/後 1550/1545mm
室内長×室内幅×室内高 1900×1515×1205mm
車両重量1570kg

※表示されているカタログ・スペック情報は一例となります。

スバル レヴォーグのレビュー・評価

総合評価

4.2

外観
4.5
走行性能
4.5
乗り心地
4.2
価格
3.8
内装
4.3
燃費・経済性
3.9
装備
4.4
評価件数
51
平均
  • 余裕の走りと走行性能

    スバル /レヴォーグ2.0STIスポーツアイサイト ブラックセレクション/DBA-VMG

    総合評価 4.7

    外観5.0

    走行性能5.0

    乗り心地4.0

    価格4.0

    内装5.0

    燃費5.0

    装備5.0


    【このクルマの良い点】\r\nLEGACY TOURING WAGON(BP)から乗り換えましたが、大きさもほとんど同じで使いやすい。安全性能は相当向上している。ミニバンのような車高ではないので、横風の影響も少なく、安心できる。\r\n\r\n【総合評価】\r\n長距離を走っても疲れにくく、安心・快適にドライブを楽しめる。荷室も広いので、多人数での旅行も可能。

    投稿者:Saya
    投稿日:2024年03月17日

    利用シーン
    通勤通学ドライブ
    オススメ
    走り好き
    特徴
    安定性加速安全装備荷室
  • 貴重なステーションワゴンのスポーツモデル!スバルのレヴォーグ

    スバル /レヴォーグGT−H/4BA-VN5

    総合評価 4.3

    外観5.0

    走行性能4.0

    乗り心地4.0

    価格4.0

    内装5.0

    燃費4.0

    装備4.0


    【このクルマの良い点】\r\nスバルのレヴォーグは、2014年に登場したスポーツタイプのステーションワゴンとして人気を集める一台です。\r\nミニバンやSUV車の人気に押されてしまい、国内では種類が少なくなってしまいましたが、レヴォーグは特別な存在として今もなお注目されています。\r\n\r\nレギュラーガソリン仕様でありながら、最高出力が170ps、最高トルク250Nmを発生する1.6L水平対向4気筒DOHC直噴ターボを搭載しています。\r\nJC08モード燃費は13.2〜16.0km/Lと、パワフルなターボエンジンとは思えないほどの優れた燃費性能を実現しているのが特徴です。\r\n\r\n2015年の改良によって、スバルの安全装備・アイサイトを搭載し、2017年には全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートするアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載しました。\r\n安全性能はもちろん、サスペンションと電動パワーステアリングの改良によって乗り心地や操縦安全性を高めています。\r\n\r\n【総合評価】\r\nスバルのレヴォーグは、高い走行性能はもちろんのこと、ボディ補強の効果によって以前よりも静粛性が高まっているのも大きな特徴です。\r\nさらに、アイサイトver.3やアイサイトツーリングアシストなどの安全性能も追加されたことで、優れた安全性能を実現しています。\r\n運転の主要な操作を自動でアシストしてくれるので、本当に疲れづらいのがうれしいポイントです。\r\n\r\nさらに、レヴォーグは巣触れた積載能力を誇るのも大きな特徴です。\r\nホイールハウスの出っ張りが抑えられており、車の左右いっぱいまで荷物を積載できるカーゴルームは、アウトドアやスポーツなどを楽しみたいご家庭にも最適な一台と言えるでしょう。\r\n\r\nスバルのレヴォーグは、ドライブを思い切り楽しみむことはもちろん、安全装置のおかげで楽に運転をしたいという要望も叶えてくれます。\r\nスポーツカーのようなステーションワゴンであるレヴォーグは、快適な後席や使い勝手の良い荷室、先進かつ充実の安全性能など、クルマに乗る家族みんなが納得できる一台と言えるでしょう。

    投稿者:たかのぼ
    投稿日:2023年09月29日

    利用シーン
    通勤通学ドライブ買物
    オススメ
    走り好き男性向けファミリー
    特徴
    乗降加速安全装備燃費荷室
  • 貴重なステーションワゴンのスポーツモデル!スバルのレヴォーグ

    スバル /レヴォーグGT−H/4BA-VN5

    総合評価 4.3

    外観5.0

    走行性能4.0

    乗り心地4.0

    価格4.0

    内装5.0

    燃費4.0

    装備4.0


    【このクルマの良い点】\r\nスバルのレヴォーグは、2014年に登場したスポーツタイプのステーションワゴンとして人気を集める一台です。\r\nミニバンやSUV車の人気に押されてしまい、国内では種類が少なくなってしまいましたが、レヴォーグは特別な存在として今もなお注目されています。\r\n\r\nレギュラーガソリン仕様でありながら、最高出力が170ps、最高トルク250Nmを発生する1.6L水平対向4気筒DOHC直噴ターボを搭載しています。\r\nJC08モード燃費は13.2〜16.0km/Lと、パワフルなターボエンジンとは思えないほどの優れた燃費性能を実現しているのが特徴です。\r\n\r\n2015年の改良によって、スバルの安全装備・アイサイトを搭載し、2017年には全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートするアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載しました。\r\n安全性能はもちろん、サスペンションと電動パワーステアリングの改良によって乗り心地や操縦安全性を高めています。\r\n\r\n【総合評価】\r\nスバルのレヴォーグは、高い走行性能はもちろんのこと、ボディ補強の効果によって以前よりも静粛性が高まっているのも大きな特徴です。\r\nさらに、アイサイトver.3やアイサイトツーリングアシストなどの安全性能も追加されたことで、優れた安全性能を実現しています。\r\n運転の主要な操作を自動でアシストしてくれるので、本当に疲れづらいのがうれしいポイントです。\r\n\r\nさらに、レヴォーグは巣触れた積載能力を誇るのも大きな特徴です。\r\nホイールハウスの出っ張りが抑えられており、車の左右いっぱいまで荷物を積載できるカーゴルームは、アウトドアやスポーツなどを楽しみたいご家庭にも最適な一台と言えるでしょう。\r\n\r\nスバルのレヴォーグは、ドライブを思い切り楽しみむことはもちろん、安全装置のおかげで楽に運転をしたいという要望も叶えてくれます。\r\nスポーツカーのようなステーションワゴンであるレヴォーグは、快適な後席や使い勝手の良い荷室、先進かつ充実の安全性能など、クルマに乗る家族みんなが納得できる一台と言えるでしょう。

    投稿者:たかのぼ
    投稿日:2023年09月29日

    利用シーン
    通勤通学ドライブ買物
    オススメ
    走り好き男性向けファミリー
    特徴
    カッコいい乗降操作性安定性加速安全装備燃費荷室
  • 運転する悦びを与えてくれるハイレベルなステーションワゴン

    スバル /レヴォーグGT/4BA-VN5

    総合評価 4.3

    外観5.0

    走行性能5.0

    乗り心地4.0

    価格4.0

    内装4.0

    燃費3.0

    装備5.0


    【このクルマの良い点】\r\nスバル レヴォーグの特長といえば、やはり安全運転支援システムの「アイサイトX」が装備されている点。ステレオカメラにより常に前方を監視して、車や歩行者はもちろん、白線なども識別し、自動制御してくれる優れものです。また、アイサイトツーリングアシストのおかげで、高速道路の走行も楽々。速度を設定しておけば前を走る車を一定の距離を保ったまま追尾してくれるため、アクセルを踏む必要がなく、ほぼ自動運転のような状態に。高速運転による疲労が大幅に軽減されるので、妻も私もアイサイトX無しでは高速に乗れなくなってしまったと話しています。\r\n\r\nさらにレヴォーグはハンドリングが非常に良く、ラリーカーかと思うほどとにかくコーナリングが軽快です。急カーブもロールせずに安定し、ドイツ車のようなどっしりとした安定性を感じます。エンジンは1795ccですが、水平対向4気筒ターボなのでトルクフルに加速。体感では2.5Lクラスに匹敵する馬力と走りを見せるので、とにかく運転するのが楽しくなります。さらに、電子制御のサスペンションかと思うほど足回りの接地感が高く、段差やカーブなどを超えてもショックがほとんどありません。\r\n\r\n【総合評価】\r\nレヴォーグはコンパクトステーションワゴンですが、室内のサイズ感は申し分ありません。前モデルから室内幅が広げられたため、リアシートの幅も拡大。さらにリクライニングやヒーターがついているため、リアシートはかなり快適です。リアシート専用のUSB電源も複数設置されているので、子どもたちはスマホの充電を気にせずくつろいでいます。荷室もかなり広く、サブトランクを含めると約560Lという大容量。大型テントやクーラーボックス、椅子やテーブルなど4人分のキャンプギアを楽々と収納できました。\r\n\r\n全体的にハイレベルで不満な点はほとんどありませんが、強いて言えば燃費がもう少し良ければと思っています。水平対向エンジンなのである程度は仕方が無いのですが、平均値は10km/L、エアコンなし・高速道路で12km/Lほど。今のところ、それ以上は伸びていません。燃費が気になる方は、マイルドハイブリッドエンジン「e−BOXER」を搭載したモデルがおすすめです。

    投稿者:龍之介466
    投稿日:2023年09月26日

    利用シーン
    レジャー買物
    オススメ
    ファミリー
    特徴
    操作性安定性加速荷室広い
  • 走りも乗り心地も最高級のステーションワゴン!憧れの限定車!

    スバル /レヴォーグ/ -

    総合評価 4.1

    外観5.0

    走行性能5.0

    乗り心地4.0

    価格3.0

    内装4.0

    燃費4.0

    装備4.0


    【このクルマの良い点】\r\nスバルレヴォークは、水平対向2.4リットル直噴ターボエンジンを搭載する高性能ワゴンです。これまでのレヴォークと比べてパワーユニットが大幅に変更され、2387ccの排気量と従来と比べて592ccも排気量をアップさせた仕様になっています。最大トルクも375Nmと大幅に向上し文句なしのパワフルな走りを実現させます。\r\n一方で心配な燃費ですが、リッター11km走れる仕様になっています。開発者によれば、パワーと燃費の良いバランスを目指してこの排気量に設定したとのこと。\r\n\r\n変速機もあたらしい仕様が導入され、よりエンジンを楽しませてくれる車になりました。従来のリニアトロニックなる無段変速機であるものの、「スバルパフォーマンストランスミッション」なる名称の専用の変速機になり、反応が著しく鋭くなったでしょう。\r\n\r\n今回のSTIスポーツシャープのグレードには、電動開閉式リアゲートや、「ドライバー異常時対応システム」機能が追加設定された「アイサイトX」などが搭載され、走りを楽しむだけでなく安全性にも配慮された車にもなっています。\r\n\r\n【総合評価】\r\nスバルレヴォークのSTIスポーツシャープは、これまでのレヴォークを全て一新した最高級のステーションワゴンです。\r\n内装は無駄にドレスアップしたような高級仕様ではなく、オーソドックスなデザインで統一されているため、年代問わず幅広く愛される作りになっています。\r\n\r\nただ走り好きのために作られた車ではなく、家族でたくさんの荷物が詰める車として使えるだけの広さも兼ね備えています。荷室は後席を倒さずとも1m以上の置くスペースがあり、倒せば1.8mものフラットな床面が得られるため、普段使いやアウトドアシーンでも充分に活躍してくれるはずです。\r\n床下には二つのサブトランクが設置され、小物を安全に収納できるスペースにくわてそれぞれにフロアボードが設けられるなど、長年ステーションワゴンに評判のあるスバルのノウハウが凝縮されている。\r\n\r\nスバルのアイサイト・ツーリングシステムが導入され、安全面も問題なしです。さらにドライバーの運転に近い感覚で加減速・操舵を制御してくれるアイサイトシステムは乗り心地も抜群。疲労軽減、そして事故防止・被害軽減効果を充分に感じられる車でしょう。

    投稿者:喜久蔵ラーメン新発売
    投稿日:2023年02月20日

    利用シーン
    ドライブ趣味レジャー
    オススメ
    走り好き男性向け若者
    特徴
    ワイルドカッコいい安全装備燃費荷室広い

レヴォーグと同じボディタイプのカーリース情報

スバル×ワゴンのカーリース情報

グーネット定額乗り

グーネット定額乗りは、
カーリースのサービスをまとめた情報比較サイトです。

1.まとまったお金がなくても大丈夫!

頭金ボーナス払い¥0円から

頭金0円、ボーナス払い0円からOK。税金や自賠責保険料が含まれた月々定額の料金体系になっております。

月額に含まれる費用についてはこちら

2.数あるカーリース商品を一挙に比較!

月額料金やメンテナンス内容、装備など、内容にばらつきのあるカーリース商品をまとめなおし、比較検討できるようにしました。

3.輸入車(外車)の取り扱いも多数!

輸入車(外車)メーカーのメルセデス・ベンツ、アウディ、ボルボ、MINIなど、人気の中古車カーリースが探せます。

カーリースのメリットは?

カーリースのメリットは以下の3つです。

①自分の収入に合わせた支払いができる
カーリースは月々の料金に税金やメンテナンス料金を含めることができるので車検等による急な出費を避けることができます。また、ボーナス払いを併用することで月々の料金を低くすることもできます。

②短期間だけ車を利用することもできる
中には1年間だけ乗れるカーリースあります。転勤等で一時的に車が必要になった方にもおすすめです。

③経費として計上できる場合もある(法人/個人事業主のみ)
業務目的でカーリースを利用する場合、リース料は経費として計上できます。また、カーリースで利用した車は大企業を除き減価償却が不要のため会計処理上の手間を削減することもできます。

カーリースのデメリットは?

カーリースのデメリットは以下の3つです。

①契約満了時に追加清算が必要な場合があります。
契約終了時の車の価格にあたる「残存価格」をあらかじめ予想し、その分を差し引いて月額のリース料金を設定しています。契約満了時の車の査定金額が残存価格を下回った場合には追加清算が必要になります。

②原則途中解約できない
カーリースは全損事故等のやむを得ない場合を除いて途中解約できません。途中解約をする場合は解約金を支払うことになります。

③走行距離制限がある
契約終了時の車の「残存価格」を予想するために走行距離制限が設けられております。契約満了時に走行距離制限を上回った場合には超えた距離に応じて追加清算が必要になります。

カーリースの審査って何?

オートローン同様カーリースにも審査があり、信販会社もしくはリース会社が審査を行います。信販会社毎に審査基準が異なるので審査の厳しさは一概には言えません。中には信販会社を通さず自社独自の基準で審査を行うお店もあります。

カーリースと購入(ローン)との違いは何ですか?

購入(ローン)の場合、自動車税や自賠責保険料などの法定費用は、お客様ご自身でお支払いいただかなくてはなりません。一方でカーリースの場合は、それらの費用が月額料金に含まれております。

カーリースを途中で解約することはできますか?

基本的にカーリースの途中解約はできません。 やむを得ない理由により途中解約を希望される場合は、契約した店舗に直接お問合わせください。
ただし一定の条件を満たすことで違約金なしで途中解約できるカーリース車両もあります。
グーネット定額乗りでは「途中解約金発生なし」アイコンのカーリース車両が対象となります。契約検討時のご参考になさってください。

故障したらどうすればいいですか?

メーカー保証や基本メンテナンス項目に含まれる内容であれば、修理費用が発生しない場合があります。詳しくはグーネット定額乗りで契約した店舗に直接お問い合わせください。

途中でクルマを乗り換えることはできますか?

基本的にカーリース契約期間の途中に車を乗り換える場合は、追加で費用が発生します。
ただし一定の条件を満たすことで違約金なしで途中乗り換えできるカーリース車両もあります。グーネット定額乗りでは「途中乗り換え可能」アイコンのカーリース車両が対象となります。契約検討時のご参考になさってください。

カーリースの契約が満了になった後はどうすればいいですか?

契約期間満了後の主な選択肢としては、下記の3つがあります。

①車を返却し、カーリースを終了する
②車を買い取る、または無償で譲り受ける

③同じ車、または別の車でカーリースを継続する

全ての選択肢が用意されていない店舗もあります。
選択肢②について、車を買い取る場合は、残価の支払いが必要になる場合がございます。無償で譲り受けられるカーリース車両について、グーネット定額乗りでは、「クルマがもらえる」アイコンのカーリース車両が対象となります。契約検討時の参考になさってください。

納車までにどれくらい時間がかかりますか?

新車リースの場合、ご契約後に車を注文するため、納車までの目安は1.5か月~3か月程度となります。
中古リースの場合、ご契約後、納車までの目安は2~3週間程度となります。
詳しくは各カーリース車両の店舗へ直接お問い合わせください。