近年人気を集めているカーリースは、月々定額制の支払いでマイカーのように車に乗れるプランです。

初期費用などの大きな金額は不要で契約ができ、手軽に自分に合った車種を選べるのも特徴です。そのため、「通勤用に今すぐ車が必要だけど、まとまったお金がない…」と悩む方にもカーリースはおすすめです。

ただし、カーリースを利用するためには最低限のルールもあるため、契約する前にメリットとデメリットの理解が大切です。

車のリースは通勤に適している?

結論から言うと、リース通勤はライフスタイルや好みによって向き不向きが分かれます。

下記で紹介するリース契約のメリットとデメリットを把握した上で選択すると、車をお得に活用できます。

リース通勤のメリット

リース通勤のメリット
月々の固定費のみで車が手に入るカーリースは、カーシェアリングやレンタカー、新車を購入するよりも手軽なため人気を集めています。

本章では、カーリースのメリットを3つ紹介します。

メリット①初期費用を軽減できる

カーリースは初期費用を大きく軽減できます。

車を購入する際は高額の車両代はもちろんのこと、税金や登録諸費用も必要です。カーローンを組む場合は頭金として、まとまった資金が必要です。

一方、カーリースの場合は車両代に加え、税金や車検などの諸費用も月々の定額料金に含まれており、まとまった初期費用の用意が必要ありません。

月々の固定費だけで毎日乗る車を用意することができる点がメリットの1つです。

メリット②月々の維持費をコンパクトにできる

カーリースでは契約に際して年数や月額費用など、自分に合ったプランを選択することができます。

プランによっては、車検費用や定期点検費用、部品など消耗品の交換費用まで月額料金として含まれるため、急な出費の心配がありません。

また、契約期間を長くすれば長くするほど月々の支払料金を安く抑えられるため、車の維持費をコンパクトにできる点もカーリースの魅力です。

メリット③新車に乗れる

リース会社では様々な車種・カラー・グレードの車が用意されており、オプションの選択も可能です。そのため、通勤はもちろんのこと、自分のライフプランにもっとも適した車を入手することができます。

新車を購入する場合、最低でも150万円〜とまとまった金額が必要ですが、リースの場合は月額1万円~で新車を手に入れることが可能です。

レンタカーとカーリースの違いは何ですか?
レンタカーは、レジャーや買い物、旅行などで短時間から数日単位で車を使用したいときに時間単位の利用ができて便利です。駐車場を用意する必要や税金などの固定費を支払う必要がなく、手軽に車に乗ることができます。その反面、利用時間が長くなったり利用回数がかさんだりすると高額になってしまう点はネックと言えるでしょう。
一方、カーリースの場合は年単位の中長期的な契約になるので月々の固定費だけでマイカーのように車に乗ることができます。

リース通勤のデメリット

リース通勤のデメリット
自分で好きな車を選んで、月額料金を払えば新車に乗れるカーリースですが、契約前に把握しておきたいデメリットもあります。

いざ契約してみたものの「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために確認しておきましょう。

デメリット①走行距離が制限される

カーリースでは車両返却時に車の価値が下がらないように、1ヶ月あたりの走行距離が契約により制限されています。そのため、契約者がどれくらい走行したかを契約満了時にチェックします。

この制限以上に車を使用してしまうと、車両返却の際に残価の差額を請求されたり、走行距離オーバー分の追加料金を支払わなければいけなくなったりします。

超過距離によっては想定外に大きな金額を請求されることにつながるため注意が必要です。

デメリット②途中で解約ができない

カーリースは、契約時に定められた期間を満了することを逆算し月額料金が設定されているため、自己都合による途中解約はできません。

事故や災害による車の全損や盗難の場合は解約が認められることもありますが、多額の違約金が発生します。

カーリースを契約したものの、通勤方法や職場が変わったり、自身のライフプランに変化があったりしても途中で解約することはできないため、契約前に将来のことも頭に入れて契約する必要があるでしょう。

デメリット③独自のカスタマイズが難しい

最新の車種や好きなオプションを選べるカーリースは、車好きの人にもおすすめできるサービスです。

しかし、カーリースは契約満了時に原状回復してからの返却が条件となっているため、自身の好みのカスタマイズやドレスアップをすることはできません。

車が好きで、かつ独自のカスタマイズを考えている人にとっては不便さを感じるでしょう。

カーリースを途中解約したい場合はどうしたら良いですか?
どうしても解約したい場合は、まずリース会社に相談しましょう。リース会社に認められて途中解約となった場合、一括で違約金を支払う必要があるため、まとまったお金が必要となります。
自身のライフスタイルに合わせたプランで契約すれば、ほとんどの場合は途中解約せずに契約期間を満了できます。しかし、自身のライフプランが予測できないという方は、1年単位などの短期間のプラン選択がおすすめです。短期間の場合は月額料金がやや割高になりますが、違約金の発生は防げるでしょう。

リース契約の前に知っておきたい注意点

リース契約の前に知っておきたい注意点
メリットとデメリットをしっかり理解していれば、カーリースは通勤用の車として有効活用できます。

そこでここからは、リース契約の前に知っておきたい注意点を3つ紹介します。

①原状回復が必須

カーリースの契約では、返却時に原状回復が求められます。傷や汚れなどがある場合は原状回復をし、借りた時の状態で車両を返却します。

ボディーの凹みや傷、車内の汚れなどは車の価値を下げてしまいますので、修理やクリーニングをしてから返却する義務があります。その時に、傷や汚れの具合によっては思わぬ金額になってしまう可能性があるため、心配な方は原状回復が不要なプランや補償を用意しているリース会社を選ぶと良いでしょう。

②追加精算の可能性がある

残価設定のある契約では、追加精算の可能性も考えられます。

契約満了時の査定では、市場の車両価値をもとに査定価格を決定します。そこから車の使用状態をもとにマイナス査定され、あまりにも状態が悪い場合は追加料金の支払いを求められます。

具体的には、たばこやペットの臭い、車体の傷や走行距離などが要因として挙げられます。

③契約時は審査がある

カーリースの契約時は、ローンやクレジットカードと同様に審査が行われます。年収や勤続年数、家賃や奨学金支払いの滞納がないかなど、過去の信用情報などが審査内容です。

毎月確実にリース料金を支払えるかを審査されますので、勤続年数が長かったり滞納歴がない場合は審査に通りやすいと言えるでしょう。一方で、新社会人や転職を繰り返し勤続年数が浅い人は審査に通らない場合があるので注意が必要です。

カーリースの追加精算の相場はどれくらいですか?
カーリース契約は、平均的に1ヶ月あたり500km~2,000kmの走行距離制限が設けられていますaが、返却時に走行距離を超過していた場合には超過した距離分の追加料金を支払わなければいけません。
料金はリース会社によって異なりますが、一般的に1kmあたり5〜10円程度で設定されています。そのため、超過距離によっては想定外に大きな金額を請求されることにつながるので注意が必要です。

リース契約を上手に行うコツ

リース契約を上手に行うコツ
カーリースの契約には信用情報やプランの熟考が欠かせません。さらに、通勤でカーリースを使う場合はいくつかのポイントを押さえるとお得に活用できます。

ここからは、上手なリース契約をするために知っておきたいコツを3つ紹介します。

①月々の走行距離を見積もる

リース契約を行う場合は、走行距離を想定しましょう。通勤の場合は会社までの距離や通勤頻度、また休日走行するおおよその距離を算出します。

月額料金でお得に車が手に入るカーリースですが、あらかじめ指定された走行距離制限を超過し追加料金を支払うことになると本末転倒です。そのため、具体的な走行距離を算出し、必要なプランを先手すると追加料金の発生を防止できます。

特に、旅行が好きで車で遠出する場合や毎年帰省が発生する場合は、おおよその距離を見積もっておきましょう。

②月々のガソリン代を見積もる

走行距離だけでなく、ガソリン代の見積もりも重要です。車のリース料金は定額ですが、それとは別にガソリン代は必要です。

通勤用に車を使った場合、月にどのくらいの距離を走ってどのくらいガソリン代がかかるのかをある程度見積もっておかないと、契約した後に予想以上に月々の固定費がかかり、家計に影響を及ぼしてしまいます。

近年はガソリン代の変動が大きく予測が難しいですが、最寄りのガソリンスタンドの金額を目安に毎月の料金を算出しましょう。

また、通勤交通費としてガソリン代が支給される会社もあるので、その場合は事前の確認が大切です。

③どれくらいの期間車が必要か見通しを持つ

結婚や子育てなどの家庭状況、転勤や職場の変更などの将来の見通しを予測して、リース車をどのくらいの期間使うのかもしっかりと考えておかなくてはいけません。

契約期間を長くすればするほど一般的に月々の支払金額は安くなりますが、期間が長くなれば自身のライフスタイルが変化する可能性も高くなります。

リースを途中解約すると違約金が発生してしまうので、そうならないようにあらかじめ将来のシュミレーションをすることが大切です。

リース通勤がおすすめな人

リース通勤がおすすめな人
リースを活用した通勤は、新社会人や転勤が多い方、個人事業主の方におすすめです。

ここからは、リース通勤がおすすめな人はどんな人なのか、詳しく解説していきます。

新社会人

まだ給与や貯金が少なかったり、安定していないような新社会人にとって、カーリースのサービスは通勤用の車を用意するのにピッタリな方法と言えるでしょう。

本来、車を購入する際には頭金や税金などの諸費用にまとまったお金が必要ですが、カーリースの場合は初期費用が必要ありません。毎月決められた金額の支払で車に乗ることができるので、ある程度のまとまった資金を用意できない場合にカーリースは最適のプランです。

子供がいない夫婦

子供がいない夫婦や、まだ子供が産まれる予定のない夫婦にもカーリースはおすすめです。

子供がいる場合、車に乗ると汚れや傷みの発生を気にする必要があり、返却の際に原状回復義務があるカーリースは不向きと言えます。また、定額料金でリースしたものの、返却時に車内にシートの汚れや傷などが多い場合には、高額の原状回復費用がかかる可能性もあります。

子供がいない夫婦二人の場合、車をきれいな状態で扱いやすいためカーリースがぴったりでしょう。

決まった期間で転勤がある人

転勤期間がある程度定まった方にもカーリースはおすすめです。

3年や5年など、定期的に転勤がある職場に勤務している人には将来の見通しを立てやすく、かつ計画的にカーリースを利用可能です。

特に地方転勤が多い場合は必ず車が必要になるため、現地でカーリースを契約する方法は効率的でしょう。

法人や個人事業主

法人や個人事業主の通勤用の車として、カーリースはおすすめです。

一般的に、車を購入する場合は全額を経費として処理することはできません。しかし、カーリースの月額固定費は、法人の場合は会社の経費として、個人事業主の場合は事業経費として全額計上することができます。

車を購入した際に必要な固定資産税の計上や減価償却の計算などの経費処理の手間もかからず、節税効果も得られます。

リース通勤をおすすめできない人

リース通勤をおすすめできない人
車にこだわりがあり、カスタマイズしたい人や、子供を乗せる予定がある人はカーリースよりも購入が適しているでしょう。

ここからは、カーリースを用いた通勤をおすすめできない人について紹介していきます。

車をカスタマイズしたい人

車にこだわりがあり、車高を下げたりカーラッピングをしたりカスタマイズしたい人にとってカーリースは不向きでしょう。

毎日乗る通勤用の車だからこそ愛着が湧きます。また、車好きの人なら特に、内装にこだわったりタイヤやマフラーなどのパーツを変えたりしたくなります。

しかし、リース契約の場合は借りたときの状態で車を返すことが条件のため、原状回復できないほどの改造やカスタマイズをすることができません。車を自分好みに改造、カスタマイズしたい人はマイカーの購入がおすすめです。

ファミリーカーがほしい人

ファミリーカーの場合、カーリースの利用はストレスを感じる可能性があります。

意図的な改造やカスタマイズはもちろんのこと、意図しない傷や汚れなどに関しても原状回復してから返却しなければいけないのがカーリースの特徴です。

小さな子供が車に乗ると、シートに飲み物をこぼしてシミになったり、公園帰りで泥まみれになったりと、車内を汚す可能性が高くなります。

リース車の場合はささいな子供の行動が気になり、車に乗るたびにストレスを感じる可能性もあります。そのため、子供が小さい場合はマイカーのほうがストレスを感じずに利用できるでしょう。

子供が大きくなり、汚す心配がなくなったり乗る頻度が減ったりしたときに再度カーリースを検討するのがおすすめです。

産として車を持ちたい人

カーリースは契約で定められた期間、車を借りられるサービスなので、契約が終われば基本的に車を返却しなければいけません。

契約中はマイカーのように自由度高く車に乗ることが可能ですが、あくまでもリースであるため車が自身の資産とならないのが特徴です。

車を資産として所有することにこだわりがある人にはリースは不向きと言えるでしょう。そういった人はリースではなく、マイカー購入をおすすめします。

ただし、プランによっては期間終了後に買い取りできる可能性もあるためリース会社への確認がおすすめです。

カーリースはメリットが豊富な反面、注意点を把握しなければかえって出費がかさむ可能性があります。そのため、事前に下調べを行い上手に利用しましょう。

まとめ

①カーリース通勤には、向いている人と向いていない人がいる
②カーリースのメリットは、高額の初期費用は不要で維持費込みの月額料金で利用できるということ
③カーリースのデメリットは、返却時に原状回復費用や追加精算などの思わぬ出費が必要になる場合もあること
④カーリースがおすすめの人は、毎月の維持費を含めたコストを抑えつつ、マイカーのように自由に車を使いたい人
⑤カーリースがおすすめできない人は、自分好みに車をカスタマイズしたり、子供がいて車を汚しやすい人、ドレスアップするなどの自由度を求める人

※本記事は公開時点の情報になります。
記事内容について現在の情報と異なる可能性がございます。
カーリースってどんなクルマが選べるの?
グーネット定額乗りマガジン編集部
グーネット定額乗りマガジン編集部

カーリースに関してのエキスパート集団です。カーリースに関する様々な疑問にお答えしていきます。