カーリースでは毎月定額でリース代を支払っていくことになっています。その際の支払方法について注目してみましょう。

支払方法は口座振替が主流ですが、クレジットカード払いを採用するリース会社もあります。

中でも、クレジットカード払いの特徴や使用する際の注意点などを紹介していきます。また、リース代の支払いが遅れたり、支払えなくなったらどうなるのかも解説します。

カーリースの料金の基本的な仕組み

カーリースの料金の基本的な仕組み
カーリースは、リース会社が契約者の欲しい車を代わりに購入し、契約者が月々のリース代を支払って車を借りて使用するシステムです。

リース代は、基本的に「車両の購入代金」「自動車税」「自賠責保険料」など一部の維持費を合算して、リース契約月数で割った料金が設定されています。

リース代に車検基本料や法定点検代、オイル交換費用などのメンテナンス費を含むパックプランもあります。

契約内容によっては、契約終了時の車の中古車としての予想価格(残価)を設定し、契約者に残価を公開し、車両購入代金からあらかじめ差し引いておくというプランもあります。ただし、契約期間中に残価が変動する可能性があるので、契約終了時の査定額との差額が生じるとその分を請求されるといった一面もあるので知っておかなければなりません。

カーリースは料金形態や契約方式だけでも様々なので、きちんと理解しておきましょう。

ファイナンスリースとメンテナンスリース

ファイナンスリースとメンテナンスリース
リース契約には、大きく分けて「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2つの契約方式があります。

ファイナンスリース

こちらは車のメンテナンス費用がリース代に含まれない契約です。

月のリース代に含まれるのは、車両購入費と自動車税、自賠責保険料や重量税と初期登録料のみです。車の整備や点検、車検などにかかる費用は全て契約者負担となります。しかし、そのぶん月のリース代を抑えることができます。

「自分で簡単なメンテナンスならできる」「馴染みの整備工場で安くやってもらえる」といった方に向いているでしょう。

メンテナンスリース

こちらはリース代に車のメンテナンス費用が含まれている契約です。

月のリース代に含まれているのは、車両購入費や自動車税、自賠責保険料の他に法定点検料や車検基本料、消耗品などの交換費用となります。

「自分でメンテナンスできない」「プロに任せたい」という方におすすめです。

メンテナンスリースは、どこまでのメンテナンス費用がリース代に含まれるかで変わってきます。リース代を支払えばメンテナンス費用はかからないので、基本的にガソリン代だけを自己負担すれば車を保有することができます。

オープンエンドとクローズエンド

オープンエンドとクローズエンド
車の残価に関して、カーリースでは「オープンエンド」と「クローズドエンド」の2つの契約方式があります。

オープンエンド

こちらは予め車の残価をリース契約者に公開します。

契約終了時に、残価が下がっていれば差額を支払わなければなりません。逆に残価が上がっていれば、差額を受け取ることも可能です。

交渉次第では契約時に残価を高めに設定して、月のリース代を抑えることもできます。ただし、そうすると契約終了時差額が生じてしまい、支払う可能性が高くなるので注意しましょう。

クローズドエンド

こちらはリース契約者に残価を公開しない契約方式です。

契約終了時に残価が下がっても、契約者が差額を支払う必要はありません。つまり、契約者にはわかりませんが、残価が上がっても差額分を受け取ることもできないということです。

その代わり、毎月のリース代はオープンエンドに比べるとやや高くなりますが、契約終了時の残価を気にすることはなくなります。

カーリースの毎月の支払い方法

カーリースの毎月の支払い方法
カーリースを利用するにあたり、リース代はどのように支払うのか知っておく必要があります。

毎月のリース代の支払方法は、主に口座振替もしくはクレジットカード払いの2つに分けられます。2つの方法から契約者が好きな方を選べるというパターンと、どちらか一方に指定されているパターンがあります。

どちらかというと、口座振替を採用するリース会社が多い傾向にあります。その場合、クレジットカード払いにしたくても口座振替で支払うしかありません。

クレジットカード払いができるリース会社は少ないですが、利便性が高いので今後増える可能性もあるでしょう。

口座振替とクレジットカード払いの特徴を知っておくと、どちらが自分に合っているか判断しやすいと言えます。

口座振替のカーリース会社が多い

ほとんどのカーリース会社が採用している口座振替というのは、あらかじめ契約者が指定、登録した金融機関の口座から指定額が自動的に引き落とされるという方法です。

銀行や信用金庫など金融機関を指定するリース会社も多いです。一部の銀行を除き、ネット銀行は指定できない銀行としているリース会社もあります。もし指定された金融機関に口座がなければ、口座を開設しなければならないでしょう。

引き落としの日は毎月15日や20日というように決まっています。契約開始月の翌日に2ヶ月分をまとめて引き落とすという形をとってる場合もあります。

口座にお金がないと引き落としできないので、引き落とし日までに忘れないように入金しておかなければなりません。最初にまとまった金額を入金しておけば、自動的に引き落とされるので、振り込みの手間なども省けて効率的だと言えます。

クレジット払いできるカーリース会社もある

クレジットカード払いが可能なリース会社もあります。

会社によって使えるクレジットカードの種類が限定されている場合が多いです。自分が所有しているクレジットカードが使えるか、確認しておくとよいでしょう。

クレジットカードというのは、そもそも契約者の信用の元にサービス料や物の代金が後払いできるカードのことです。

カーリースに関しても、利用月の翌月の指定日に指定の口座からリース代が引き落としされて一旦カード会社に支払われます。その後カード会社からリース会社へとリース代の支払いが行われます。つまり、カード会社がリース会社に代わって契約者からリース代を徴収しているという形です。

そのため、クレジットカード払いにするとリース会社がクレジットカード会社に手数料を支払わなければなりません。手数料の分だけ経費がかかってしまうため、クレジットカード払いを採用しないというリース会社もあります。

車リースをクレジットカード払いにするメリット

車リースをクレジットカード払いにするメリット
カーリースをクレジットカード払いにした時のメリットを2つご紹介します。

車リースをクレジット払いにすると家計管理しやすい

生活している上で、カーリース以外にも毎月支払わなければならない費用があります。

例えば、家賃や住宅ローン、電気やガス代などの光熱費、生命保険料などです。こういった支払いの期日がバラバラだと、家計の管理が複雑になります。

支払った費用と、まだ支払っていない費用がごちゃごちゃになると、支出が把握しにくくなります。知らないうちに支払い遅延が起こると、電気やガスなどは止められることもあるので、生活に支障をきたしてしまうでしょう。

その点、クレジットカード払いにすれば、引き落とし日が同じなので全ての必要な支払いを一元化できます。支払いを忘れなくなるので効率的だと言えます。

車リースをクレジット払いするとポイントが貯まる

クレジットカード払いを利用した時に、ポイントがつくというのも大きな魅力の一つです。ポイント還元率はわずかであっても、毎月支払うことでポイントは着実に貯まっていきます。

例えば、ポイント率は支払額の1%で、リース代が月額35,000円だとします。クレジットカード払いにすると、35,000円の1%で350ポイント獲得します。これが1年(12ヶ月)となると、4,200ポイントを獲得することが可能です。

また、リース契約をもう少し長く3年、5年としたとします。3年では12,600ポイント、5年だと22,000ポイントとかなりのポイントが貯まるということです。

クレジットカードのポイントは、買い物や旅行などに使えるので現金と同じです。つまり、クレジットカード払いにするだけで1年間4,200円を得ることができて、ネットのショッピングサイトなどで好きな物が購入できるのでお得感があります。

光熱費などの支払いをクレジットカード払いにすれば、もっとポイントが加算されるのでよりお得感が増すでしょう。

車リースをクレジットカード払いにする時の注意点

車リースをクレジットカード払いにする時の注意点
カーリースのリース代をクレジットカード払いにした時に気を付けたいことが3つあるのでご紹介します。

クレジットカードの限度額に注意

クレジットカードには利用限度額が設けられています。これは利用可能な金額のことで、月に200,000円や300,000円といった設定されていることが多いです。

クレジットカードの利用限度額は、入会時に審査が行われて支払い能力に応じて決められるのが一般的となっています。ただし、利用限度額に到達してしまうと、それ以上はクレジットカードを使うことはできません。

例えば、ある月に利用額上限いっぱいまでクレジットカードで買い物してしまったとします。すると、その月のリース代がクレジットカードの引き落とし日に引き落とされなくなり、支払われなくなってしまいます。

リース代が未払いになっていることを知らずにいると、支払い遅延になるので注意が必要です。

リース代をクレジットカード払いにする場合、利用限度額もきちんとチェックしておきましょう。また、利用限度額がまだ上げられる場合は高めに設定し直しておくと、いざという時に安心です。

クレジットカードの紛失、盗難時の手続きが面倒

クレジットカードは、再発行手続きが面倒で時間がかかるので注意が必要です。

万一、紛失したり盗難にあった場合は、クレジットカードは悪用されないようにすぐにカード会社に連絡して使用を停止してもらわなければなりません。さらに、警察で遺失届や被害届を出す必要もあります。不正利用されていた場合、届け出を出していれば補償される可能性が高いからです。

それからクレジットカードの再発行手続きを行います。新しいカードは手続きした後、1~2週間ほどで届きますが、通常古いカードとはカード番号が異なっています。古いカードを利用停止にした時点でリース代の支払いはできません。

その月だけは口座振替にするなどリース会社に連絡して手続きしてもらう必要があります。

車リースをクレジット払いにすると情報漏洩が心配

車リースをクレジット払いにすると情報漏洩が心配
IT技術の目覚ましい発展により、情報漏洩も問題となってきています。

クレジットカード番号の流出が心配だという方もいるでしょう。そのため、カード会社のセキュリティー体制がきちんと整っていることが前提となります。

ただし、カードを利用する側も十分注意しなければなりません。クレジットカードの裏面に署名をしておけば、第三者がなりすましで悪用するのを防げます。

また、IDやパスワードは第三者に推測されにくいものにする、使い回ししないことも大事です。

スマホやパソコンなどにセキュリティーソフトを入れるなど、セキュリティー体制を強化しておく必要もあります。

クレジットカードの所在を明らかにし、不正利用されていないか利用明細でこまめにチェックするようにしてください。

クレジットカードを作るには審査がある

カーリースのリース代をクレジットカード払いにしたいので、クレジットカードを作る方もいるでしょう。クレジットカードを作るには、登録手続き後に、支払い能力の有無を調べるための審査が行われます。

審査基準は各クレジットカード会社によって異なります。主に、年収、勤続年数、雇用形態、家族構成、居住実態などが判断基準です。

安定した収入を得られていない、カードの利用料金の支払いが家計を圧迫するのではないかと判断されると審査に通らないこともあり得ます。

ただし、無職でも配偶者に安定収入があれば、また未成年でも保護者の承諾があれば審査に通る可能性はあります。

そして、特に重要なのが「信用情報」です。個人信用情報機関に問い合わせをし、過去にローンの長期にわたる返済遅延や複数社からの借り入れを行っていないかなどを調べます。

いわゆるブラックリストに載っているような人物だと、支払い能力が低いと判断されるので、審査に通らない可能性が高くなります。

クレジットカードを所有していても使えない場合がある

今まで普通にクレジットカードを利用してきたのに、急に支払いで使えなくなることもあるので注意が必要です。それは、カードの有効期限が切れてしまっている場合です。

有効期限は概ね3年もしくは5年で設定されていることが多く、初めて所有される方は1年の場合もあります。

通常は解約しなければカードは自動更新されるので、有効期限の約1ヶ月前後に新しいカードが郵送されてくるはずです。

新しいカードは名義人やカード番号などの情報は古いカードと同じですが、裏面のセキュリティーコードと有効期限が異なるので確認しておきましょう。

また、クレジットカードは発行後も、実は定期的に再審査が行われています。返済遅延があるなど信用情報に変化があった場合は、更新されない可能性もあります。

また、カードにはICチップや磁器が使われており、劣化や不具合により使えなくなる場合もあるので注意が必要です。

リース料金を滞納するとどうなる?

契約途中でリース代が支払えなくなり、滞納してしまうとどうなるかも知っておくべきです。

まず、クレジットカードの引き落としができないと、リース会社か自宅に請求書や振込用紙が郵送されてきます。口座が指定されており、期日までに振り込むように指示される場合が多いです。引き落とし日が指定され、再度引き落としをすることもあります。

この時点で支払えば問題ありませんが、さらに支払いがないと、今度は電話で支払いを催促されます。

それでも支払わないと直接リース会社のスタッフが自宅などを訪問し、話し合いが行われます。事情を説明することで、支払期日が猶予されることもあるかもしれません。

連帯保証人を設定している場合、リース会社から連帯保証人に請求がいく可能性もあります。

それでも支払いができないと、最終手段の法的措置としてリース車を回収することになります。また、裁判所の差押命令により、給与や他の財産が差し押えになる場合もあるでしょう。

無理のない支払い計画を立てることが大事

無理のない支払い計画を立てることが大事
カーリースは、車種のバリエーションも豊富で好きな車を低予算で乗れるという魅力があります。ただし、車種にはランクがあるので自身の経済状況を考えて、無理なく支払える車種を選ぶことが大事です。

リース車はリース会社の名義であり、所有権はリース会社にあります。契約者はあくまで一時的に借りて乗っているに過ぎず、車のローンに近い仕組みです。そのため、リース代は払えないと車が回収されてしまうこともあります。

支払計画をきちんと立てて、支払遅延しないように気を付けましょう。

まとめ

①カーリースのリース代の支払いは、主に口座振替とクレジットカード払いの2つの方法がある
②クレジットカード払いは家計管理しやすく、買い物などの使えるポイントが貯まりやすいなどのメリットがある
③逆に限度額上限までに使うとリース代が支払えない、紛失時などの再発行に時間を要するといったことに注意が必要
④リース料金を滞納すると、最終的にリース車を回収されるので支払計画はきちんと立てよう
カーリースってどんなクルマが選べるの?
グーネット定額乗りマガジン編集部
グーネット定額乗りマガジン編集部

カーリースに関してのエキスパート集団です。カーリースに関する様々な疑問にお答えしていきます。