車のリースと購入どちらがお得なの?

車のリースと購入どちらがお得なの?
新車を検討している方の中には、リースにするか購入するかで悩んでいる方もいらっしゃるはずです。

「それぞれの内容はだいたい分かるけど、結局どちらがお得なの?」そんな疑問を抱える方も多いでしょう。

そこで、今回はリースと購入それぞれのメリットとデメリットについて詳しく比較していきます。新車検討の際、どのような入手方法を選択すれば良いか。その判断基準になるような情報をご紹介します。

ぜひ新車検討の際の参考にしてくださいね。

正しく知っておきたい!車のリースシステム

まずは、車のリースシステムについて詳しく見ていきましょう。

車をリースで乗るということは「車の所有権はリース会社」「使用するのはあなた」という契約内容になります。月々に決められた料金をリース会社に支払い、車を一定期間使用する権利を買う訳です。

車を購入する場合と大きく違うのは、車を使用できる期間があらかじめ決まっている点。一定期間の使用権利をリース会社から購入し、とても気軽に車に乗れるのが大きなメリットです。

契約期間終了後は、以下の中から選択します。

  • リース契約を更新して、そのまま乗り続ける
  • 車を買い取り、自分の所有車として乗り続ける
  • 車のリース契約を解除して返却する

車のリースは契約期間が決まっている為、期間終了後の選択肢も人それぞれです。車の所有について状況に合わせた選択ができるのは、リースの嬉しいポイントですね。

車のリースをする際のメリットについて

車のリースをする際のメリットについて
まずは車をリースする場合のメリットについて見ていきましょう。

リースならではのメリットは、大きく分けて3つあります。

①少ない初期費用で新車に乗れる

リースのメリットとして挙げられるのが、少ない初期費用で車に乗り始められる点です。車を購入する場合、どうしても頭金や諸経費がかかってきますが、リースなら月々の定額支払いだけですぐに乗り始められます。

そして、リース契約でも新車に乗ることが可能です。車種や色、グレードやオプションなども選べる場合が多いでしょう。

初期費用の負担が少なく、自分好みの新車に乗り始められるのは嬉しい点ですね。貯金がないからと新車をあきらめていた方も、リース契約なら手軽に新車を手に入れることができます。

②毎月の支払いが一定額で負担が少ない

車を購入する場合は「諸費用」「税金」「メンテナンス代金」などを必要に応じて支払わなければなりません。一方、リースなら月々の支払額が一定なので、支払いに対する急な負担も軽くなります。

リース契約の中には、以下のものが含まれている場合がほとんどです。

  • 車の本体代金
  • 登録に関する諸費用
  • 税金関係(取得税・自動車税・重量)
  • 自賠責保険
  • エンジンオイル交換などのメンテナンス費用

これらの費用が全て含まれた上での毎月の支払額なので、急な出費への不安がないのは大きなメリットです。

また、ボーナス時だけ支払額を多めに設定して、毎月の支払額を調整する方法もあります。自分に合った支払い設定ができるのも魅力のひとつですね。

③車を手放す時の手続きが簡単

リース期間が終了し車を手放すことになった場合、手続きが簡単なのもリースのメリットのひとつです。

車を購入にて所有し、その車を手放すことになった場合、意外と面倒な手続きが必要となります。廃車にする場合は、廃車手続きの為に幾つかの書類を用意しなければなりません。車の売却を考えている場合は、まず売却先のお店探しから始めることになるでしょう。

一方、車のリースなら手放す際の手続きはとっても簡単。契約期間が終了したら、リース会社に車を返却するだけで良いのです。もちろん、難しい手続きは必要ありません。

また、車を手放さずにリース契約を更新して乗り続けることも可能です。

車のリースにはデメリットもある?

車のリースにはデメリットもある?
メリットの多い車のリースですがデメリットと言える部分も存在してます。それは、大きく分けて3つあります。

デメリットについても充分に理解して、リースの内容について知っていきましょう。

①追加料金の清算が必要なことも

リースでは、車の使用に関して規定があります。

例えば、車の走行距離もそのひとつ。車の消耗を抑える為に走行距離があらかじめ決められているのです。決められた走行距離を超過して走った分は、追加料金が発生します。また、リース終了時の車両査定価格が、傷や消耗などで予定よりも下回ってしまった場合についても同じです。

つまり、一定額の支払いで負担の少ないリースでも、契約内容や規定から外れた部分については追加料金が発生するのです。

これはリース契約について覚えておきたい重要なポイントです。

②自分好みのカスタマイズができない

リースでは、あくまでリース会社から車を借りている状態となります。自分好みにいろんなパーツをカスタマイズすることはできません。

ただし、リース会社によっては純正部品であればパーツの変更が可能なことも。ホイールやエアロ、カーナビの変更を受け付けてくれる場合も多いでしょう。

部品の変更を受け付けてくれる場合であっても、自分で勝手に変更してしまうのは控えたほうがいいです。リース会社に事前相談をしてから、変更可能な部品にカスタマイズしましょう。

また、リース終了時に元の状態に戻す必要があるかどうかも確認が必要です。

③途中で契約解除することができない

車のリースは、契約期間中に中途解約することは原則的にできません。中途解約する場合は、違約金が発生します。

違約金は、契約期間中に支払う予定だった残りの金額、そして車の状態によっては整備料金も必要です。そのため、別の車に乗り換えたくなっても、簡単には乗り換えることができません。

ただし、リース会社によっては決められた年数を経過すれば、別の車種にリリース契約を移行できるプランがあることも。車の乗り換えの可能性がある場合は、あらかじめリース会社に確認しておきたいですね。

新車を購入するという選択

新車を購入するという選択
新車を手に入れる際、購入という選択をする場合について見ていきましょう。

車を購入すれば、もちろん車の所有者はあなたとなり、車をどのように使うかも全て自由です。夢に見た自分らしいカーライフをおくるには、最良の選択肢と言えます。

ただし、リースと違って自分の名義、責任で車を取得する為、支払いや手続きのハードルが上がるのも事実です。

車の購入手続きに必要なものは以下になります。

  • 印鑑登録証明書
  • 委任状
  • 車庫証明
  • 実印(軽自動車は認印可)
  • 住民票(軽自動車の場合)

記入したり押印することも多く、手続きにたくさんの手間がかかります。

また、リースと違い購入費用はもちろん全て実費です。現状の貯金額や支払い能力に合わせて、頭金やローンの設定も必要です。

併せて、税金や保険、車のメンテナンス等の金銭負担も都度必要となります。車を購入する為には、計画的な支払い管理が必要不可欠です。

以上のように、少し手間や負担も必要となる車の購入ですが、それに見合うだけの「自由気ままなカーライフ」が手に入るのは間違いありません。

やっぱり車は購入?そのメリットについて

やっぱり車は購入?そのメリットについて
車の購入について、まずはメリットから見ていきましょう。

購入ならではのメリットは大きく分けて3つあります。

①さまざまな保証が受けられる

車を新車で購入する場合、メーカーから車の使用に対する保証が付いてきます。

メーカーや車種によっても保証内容はさまざまですが、安全に走行する為の手厚い保証は購入ならではのメリットです。

保証には「一般保証」と「特別保証」があります。

  • 一般保証・・・車全体の部品について保証が付くもの
  • 特別保証・・・個別に定められた部品への保証が付くもの

併せて、それぞれの部品メーカーから個別の部品に保証が付くこともあります。新車はもちろん、中古車であっても保証期間であれば保証対象です。

以上のような安心できる保証内容は、購入ならではの大きな魅力ですね。

②車のカスタマイズが自由

自分好みの車へ細かくカスタマイズするのも、車を所有する楽しみのひとつ。

リース契約では所有権がリース会社にある為、車を自由にカスタマイズすることはできません。一方、車を購入すれば、所有権は自分である為、細かなカスタマイズも思いのまま。

ホイールやエアロだけでなく、マフラーやサスペンション、エンジンを構成するパーツを変更することだって可能です。ただし、車検に通る安全基準を満たしたパーツの選定は忘れてはなりません。

安全で個性的な、自分らしい車づくりを楽しめるのも購入ならではのメリットです。

③エコカー減税や保険の新車特約

新車を購入する場合、車種によってはエコカー減税の対象となります。

重量税や自動車税の減税は、思いのほか金銭面での負担を軽くしてくれる場合も。車を所有すれば、税金は毎年必要な費用となります。

エコカー減税を意識した車種選びは、購入の際のおすすめポイントです。また、車種によっては国から購入補助金がおりるケースもあります。

エコカー減税や補助金を利用して購入すれば、とてもお得なカーライフがおくれます。

また、新車の購入であれば保険に新車特約という補償が付きます。車が破損した場合、一定条件を満たせば新車価格と同等の金額が補償されるものです。

以上の減税や補助金、保険特約等は購入する際に受けられるメリットです。

車を購入する場合にもデメリットはある

車を購入する場合にもデメリットはある
車を購入する場合、メリットだけでなくデメリットに当たる部分も幾つか存在します。それは大きく分けて3つあります。

次はデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

①購入時の初期費用が高くなることも

車を購入する場合、リースと違って初期費用の負担が大きくなります。

「車両価格では〇〇万円だったのに、出てきた見積もりには聞いたことのない費用が盛りだくさん…」

そんな経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。以下は、車両価格とは別に必要となる費用一覧です。

法律で定められた費用について
  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
  • リサイクル料
  • 環境性能割
  • 消費税
諸費用や手数料について
  • 自動車の検査登録の手数料
  • 車庫証明の取得費用
  • 下取り代行費用
  • 納車運搬費用

状況により、かかる費用も少し変わりますが、以上のような費用が購入時には必要となります。

車の購入時にかかる初期費用は、リースと比べてみるとデメリットと言えるでしょう。

②さまざまな維持費の負担

車を購入して維持していく為には、さまざまな費用が必要となります。

車をローンで購入しているのなら、毎月の支払いが必要です。支払い金額には、金利手数料も上乗せされます。

そして、毎年5月に国から請求がくる「自動車税」車検時にかかるのが「自動車重量税」定期的にやってくる「車検費用」は大きな出費となります。

また、車を安全に走らせる為の「メンテナンス料」はコンスタントにかかるもの。オイル交換やウォッシャー液の補充、タイヤ交換、バッテリー交換など。場合によっては修理費用もかかってきます。

車を所有して維持するだけでも、ある程度の金額が必要となるのです。

③納車まで長く待たされる場合もある

車を購入する際に、意外と悩まされるのが納車までの期間です。人気の車種では、数ヵ月待ちという場合も普通にあります。

現在乗っている車がしばらく使用できれば問題ないのですが、次の車がすぐに必要な場合は困りものです。購入店が、しばらくの間は代車を準備してくれるケースもありますが、長くても数週間程度の期限付きです。

また、納期が追加で延長してしまうケースもある為、すぐに車が必要な場合には困ってしまうこともあります。

車を購入する場合には、納期をしっかりと確認して、自分の状況に合わせてスケジュールを組む必要があります。

リースと購入それぞれのメリットとデメリットまとめ

リースと購入それぞれのメリットとデメリットまとめ
車のリースと購入、それぞれのメリットとデメリットについて見てきました。

最後に、それぞれのメリットとデメリットについてまとめてみましょう。

車のリースについてのメリット

①すくない初期費用で新車に乗ることができる
②毎月の支払額が一定で、車に乗る為の負担が少ない
③車を手放す際の手続きが簡単

車のリースについてのデメリット

①追加料金の生産が必要になることもある
②車を自由にカスタマイズすることができない
③リース契約を途中で解約することができない

以上が、車のリースについてのメリットとデメリットです。

車のリースは、初期費用や維持費を抑えつつ、負担なく乗り始められるのが魅力です。その反面、カスタマイズができなかったり、細かな利用制約があるのも忘れてはなりません。決められた制約をよく理解し、その範囲内で利用するのならば、リースはとても良い選択のはずです。

車の購入についてのメリット

①さまざまな保証がメーカーから受けられる
②細かな部分までカスタマイズが自由
③エコカー減税や保険の新車特約が受けられる

車の購入についてのデメリット

①購入時の初期費用が高く、金銭的な負担がかかる
②車を維持する為のさまざまな費用を負担
③手続きから納車までかなり待たされることもある

以上、車の購入を選択した際のメリットとデメリットをまとめてみました。

車を購入すれば、所有権はもちろん自分のものに。どれだけ長距離を走行しても問題ありませんし、細かなカスタマイズも自由自在です。

ただし、車を購入するにはそれなりの費用が必要となります。初期費用はもちろん、維持していく為の費用も準備しなければなりません。

車を購入する場合は、どれくらいの費用が必要なのかを検討し、無理のない支払い計画を考えておきたいですね。

リースが向いている方と購入が向いている方の特徴まとめ

リースが向いている方と購入が向いている方の特徴まとめ
車のリースが向いている方

車を維持する為の手続きや支払いが心配な方には、リースはとてもおすすめです。リース会社が基本的な手続きやメンテナンス、税金関係の手続きも行ってくれます。

車の購入が向いている方

「いろんな所にマイカーで遠出して、自分らしい車をつくっていきたい」。そんな自由なカーライフを夢見ている方には、購入という選択がおすすめです。

カーリースってどんなクルマが選べるの?
グーネット定額乗りマガジン編集部
グーネット定額乗りマガジン編集部

カーリースに関してのエキスパート集団です。カーリースに関する様々な疑問にお答えしていきます。