カーリースは年単位で車を借りて使える便利なサービスです。

しかし、利用したくても詳しい料金体系やレンタカー、カーシェアとの違いがよくわからないという方もいるでしょう。カーリースは得する点もあれば、不便な点もあるので特徴も把握しておく必要があります。

そこで、カーリースの基本的な仕組み、他のカーサービスとの相違点などを説明します。これから利用したいという方は参考にしてみてください。

カーリースとは

カーリースとは
カーリースというのは、自分の好きな車をリース会社から一時的に借りて使い、その使用料金を月額で支払っていくいうシステムです。

実際に車を購入するのはリース会社となります。そのため、車の名義は車購入時に組むローンの時と同様に、車の使用者ではなくリース会社になります。動画視聴サービスのように定額使用料を支払えば、後は乗り放題となるので一種のサブスクリプションサービスとも言えるでしょう。

契約時に予め期間が決まっており、リース代金は契約期間や車両本体価格などによって算出されます。

契約には審査が行われ、審査を通ると契約が締結となります。

カーリースの仕組み

車のリース契約では、基本的に契約者が選んだ車をリース会社が本人の代わりに購入するという形で準備します。そして、リース会社が算出したリース代をリース契約期間満了まで月々支払っていくという仕組みになっています。

リース契約期間中は基本的に契約内容の変更や、途中での解約はできない決まりです。急な引っ越しなどやむを得ず解約するとなると、解約金を支払われなければなりません。

また、契約終了後は契約者の意思に基づき、解約して車を返却、同じ車に対し再度リース契約を結ぶ、新しい車のリース契約を行うなどの選択肢から選ぶことができるのが特徴です。

そして、新車のみならず、中古車でもお値打ちな料金でリース契約が結べる場合もあります。使い方によっては効率よく、お得に車を使用できるというサービスです。

リース車の料金の仕組み①車両本体価格が安くなる

リース車の料金の仕組み①車両本体価格が安くなる
カーリースでは、まずリース会社が契約者に代わり車両を購入します。

本来であれば、車両本体価格をリース契約月で割って一ヶ月当たりのリース代を算出します。しかし、リース契約期間終了後に返却することを前提として貸し出すため、契約期間満了時の車の価値、つまり残価(残存価値)が車両本体価格から差し引かれるのです。

そのため、車両を購入する場合や利息がつくカーローンよりも車両本体価格が安くなる傾向にあるという特徴があります。

新車で購入した車は使用していくうちに年月が過ぎ、徐々に価値が下がっていくのが一般的です。そのため、数年後に中古車として買い取る場合の金額はある程度算出できます。

リース会社が購入した新車の残価を契約年数に応じて算出し、車両本体価格から差し引けば、契約者はリース契約期間のみの車両本体価格やその他の経費を支払えば良いということになるのです。

リース車の料金の仕組み②リース料に含まれている費用

月々支払うことになるリースの月額料金は、車両本体価格から残価を差し引いた金額の他に、車の維持費とされる費用も一部含まれています。

車を維持するために必要な費用は以下になります。

  • 年に1回1年分を支払う自動車税
  • 自動車購入時に支払う環境性能割(以前は自動車取得税と呼ばれたものとほぼ同義)
  • 車検時にまとめて支払う自動車重量税
  • 法律で加入が義務付けられている自賠責保険の保険料

こういった維持費と事務手数料、登録料などが全て月額料金に含まれています。

車両本体価格に税金や保険料、手数料を加算した総額を契約月数で割った金額が、月々のリース代になっているというわけです。そのため、車両購入時に必要や登録に関する費用や税金、保険料などのまとまった金額を支払う必要がないというのもカーリースの特徴です。

また、リース会社によっては車検費用やオイル交換といった消耗品交換代などのメンテナンス費用を、リース代に含むというプラン(メンテナンスリース)を提供しているところもあります。

車を使用するにあたり、オイル交換などの車のメンテナンスも定期的に行わなければなりません。そして、車検は新車購入から3年後、以降2年ごとに受ける義務があると法律で規定されています。

リース契約が3年以上であれば、車検費用もリース契約者持ちになります。車検費用はまとまった出費になるので、メンテナンスプランも選択肢の一つとして考えてみても良いでしょう。

リース車の料金の仕組み③任意保険は含まれない

リース車の料金の仕組み③任意保険は含まれない
法律で加入が決められている自賠責保険は公道を走行する車は必ず加入しなければなりません。

ただし、自賠責保険は交通時の被害者救済を目的としており、交通事故で相手方が亡くなるもしくはケガをした場合にのみの補償になっているので、補償範囲が狭く補償額も十分とは言えません。その上、交通事故で同乗者が死傷した場合や自車もしくは相手の車、ガードレールや第三者の家の塀や店舗の壁などが破壊された場合の修理費用はカバーされていません。

そこで、自賠責保険の補償対象外の損害をカバーするのが、任意の自動車保険となります。

しかし、カーリースの契約車両は任意の自動車保険には加入していません。リース契約をしたら、契約者が任意の自動車保険に加入し、保険料を支払うことになります。

もちろん任意なので加入は義務ではありませんが、リース車を事故で破損したら修理費用は全額契約者が支払わなければならないため、万一の備えで任意保険に加入するというドライバーがほとんどです。

カーリースの月額料金には維持費が含まれますが、任意の自動車保険料は別途支払うという点を忘れないようにしましょう。

カーリースの契約期間

カーリースの契約期間
カーリースの契約期間はリース会社によって異なります。

一般的には3年や5年という短期間の設定がほとんどです。中には1年単位で希望する契約年数でリース契約が結べる場合もありますし、7年、10年などや長期間での契約が可能となっているリース会社もあります。

短期間のリースは途中で車種を変えたり、リース車自体不要となったりする場合もあるので、そういった事情がある方たちの利用が多いと言われています。

ただし、カーリースは商品の性質上、契約が長期になるとその分月額料金が安くなる仕組みになっています。その理由は車両本体価格から残価を差し引いた金額に維持費を含めた総額を契約月数で割るからです。

契約期間終了後の選択肢

契約期間が終了とすると、カーリースでは一般的に4つの選択肢からどうするか選べます。

そのままリースした車を返却してリース契約を終わらせるケース

単身赴任など短期間だけ車を使用したい、新しく車を購入するまでに足にするといった方が当てはまるでしょう。

再度リース契約を行うケース

例えば3年のリース契約期間が終わっても引き続き同じ車をリースしたい場合は、再度リース契約を結ぶことになります。

新しい車に対しリース契約をするケース

今までのリース車は返却して新たにリース会社が希望の新車を準備し、その車に対してのリース契約を新しくスタートさせるということになります。

車を買い取り、リース会社から自分に名義を変更して所有するケース

買い取りが可能かどうかはリース会社によって異なるので注意しましょう。

中途解約をする場合は違約金が発生

車のリース契約を一度締結すると、契約期間中は基本的に解約できないことになっている場合が多いです。

リース会社は契約者が希望する新車を購入します。リース契約期間終了後の車の残価を算出して、購入時の車両本体価格から残価を差し引いた金額に税金などの維持費を組み込み、月々のリース代を計算します。契約期間内で支払う金額が予め決まっているため、もし途中解約するとなると残金が生じてしまいます。

しかし、どうしても解約しなければならない事情が発生する場合もあるでしょう。その際はリース会社に連絡し、承諾を得られれば解約はできますが、リース会社も利益を見込んで契約期間内での支払額を設定しているので、残りのリース契約期間の支払いがなくなるのは困ります。

そのため、残りのリース期間に応じて違約金という形で料金が請求されることになっています。

カーリースの利用には審査が必要

カーリースの利用には審査が必要
車を購入し、ローンを組む際にはローン会社が支払い能力の有無を審査します。

カーリース契約を締結する際も同様に、契約者に月々のリース代を支払い続ける経済力があるか調べます。それは、リース会社が本人に変わって新車を購入したのに、途中で契約者がリース代を支払えなくなったら困ってしまうからです。

カーリースの審査基準は年収や職業、勤続年数などです。

年収は200万円以上が目安とされていますが、200万円に達していないと審査が通らないというわけではありません。

例えば、不動産などの財産があるなど、条件次第となります。職業もフリーターや自営業などは安定しているとは言えないので、不利になる可能性もあります。勤続年数は1年未満だとやや不利になりがちです。

過去に自己破産をしていないか、クレジットカードを利用し、返済遅延をしていないかなどの信用情報も重要な審査基準となります。

月々のリース料の支払いが滞ると、最悪リース契約が打ち切りとなり車を返却しなければなりません。

条件付きで学生や高齢者でも利用できる

カーリースを利用するには、リース代の支払い能力が必要条件となります。しかし、無職の方でも条件を満たせば利用できます。

未成年は親の同意書が必要です。学生や主婦は収入がありませんが、夫や親など安定した収入のある方が連帯保証人になれば利用できます。

高齢者に関しては、交通事故が社会問題となっているので利用には年齢制限が設けられている場合がほとんどです。リース会社によっては条件は異なりますが、75歳という年齢が一つの目安となっています。

職に就いていなくても、基準を満たすことができれば年金受給者でも契約することは可能です。

カーリースのメリット

カーリースのメリット
カーリースには、色々なメリットがあります。

まず、新車購入時に必要なまとまった資金がなくても新車に乗れる点です。月々のリース代が定額なので家計管理しやすく、税金や保険料も含まれているので急な出費に困ることがないのも魅力でしょう。

自動車販売店から大量に車を仕入れることで、リース会社は一般価格よりも安く新車を購入できるため、車両本体価格が安く、リース代もリーズナブルだともされています。

また、様々な自動車メーカーから希望の車種を選べるのもうれしい点です。

他にも、車選びから審査までネットで申し込めるリース会社も多く、効率的でもあります。

リース契約期間が終わると、車返却や再リースなど自分のライフプランに合わせていくつかの選択肢から選べるのも便利だと言えます。

カーリースのデメリット

カーリースのデメリット
逆に、カーリースを利用する際に注意したいデメリットもあるので知っておきましょう。

リース契約は予め希望した期間で設定されています。もし契約期間途中で解除したいとなると、違約金を支払わなければなりません。

また、走行距離の上限が設定されている場合が多いです。契約期間終了時に走行距離の上限を超えたり、車に傷がつくといった場合には精算金(追徴金)といった形で料金を請求される可能性があります。

また、カーリースには契約終了時に車の残価精算を行う契約があり、これをオープンエンド契約とい言います。このオープンエンド契約にすると、契約終了時に追加金が発生する場合もあるので注意が必要です。

他にも、車体を自分好みにカスタマイズ、ドレスアップできない場合も多いので、事前に確認しておくと良いでしょう。

カーリースは購入に近いサービス

カーリースは購入に近いサービス
カーリースと似ているサービスと言えば、「カーシェア」や「レンタカー」などを思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし、この2つとカーリースは車の使用期間や料金などが大きく異なります。

カーリースは基本的に契約を結べばマイカーと同じようにいつもで自分の好きな時に使用、車の管理もできます。ナンバープレートもレンタカーのように「わ」ナンバーではありません。

車の名義はリース会社で車を借りているという形ですが、好きな車を購入してもらい乗ることができるという意味では、どちらかと言うと購入に近いサービスだと言えるでしょう。

レンタカーとの違い

カーリースとレンタカーは車を借りるという点では同じですが、仕組みに関しては全く異なります。

レンタカーは使用した時間に応じてその都度料金を支払うシステムです。基本的にはガソリンは使った分を給油して返却することになります。また、営業所まで車を数時間から数日単位で借りることが可能です。

カーリースは年単位での契約期間、月額制の料金体系という点ではレンタカーよりも長期的、高頻度での使用を前提としています。

そのため、レンタカーは旅行や出張などで使うというパターンが多く、利用シーンによって車種を選びたいという方に向いていると言えるでしょう。

カーシェアリングとの違い

カーシェアリングとの違い
カーシェアリングとは、登録会員同士で車を共有するサービスです。車の使用時間は10分や15分単位と短時間で、会員同士で使いたい時間がかぶると使用できない場合もあります。

共有する車はカーステーションに駐車してあり、使用したらまた同じ場所に返却する決まりになっています。近くにカーステーションがない地域だと不便に感じることもあるかもしれません。

また、利用料金はまず定額月会費を支払い、利用時間と走行距離に応じて料金が発生する仕組みとなっています。

基本的にガソリン代などの維持費は含まれません。維持費を含む月額料金が決まっており、契約期間が年単位のカーリースとは大きく異なります。

カーシェアリングは、買い物やちょっとした用事でたまに短時間だけ車を使いたいという方に向いているサービスだと言えるでしょう。

車リースは得なのか損なのか?

カーリースは誰にとっても便利で得するサービスというわけではありません。利用して得する、便利だという方もいれば、逆に損する不便に感じる方もいます。

例えば、車が必要なのにまとまった資金がない、月々の支払額を抑えたい、急な出費は控えたい方などはカーリースは向いています。

逆に車をカスタマイズしたい、車を所有し長く乗り続けたい、遠距離通勤などで月の走行距離が多い方などは向いていません。

自分のライフスタイルやライフプラン、経済状況に合わせてカーリースを使用するか、車を購入するか、別のカーサービスを利用するかを慎重に検討するのが良いでしょう。

カーリースをうまく活用する方法

カーリースをうまく活用する方法
カーリースと言っても、リース会社ごとにプラン内容や料金などが違います。

カーリースのメリット、デメリットを把握した上で、費用面や利用シーン、契約期間やサポート体制などリース会社を選ぶ際のポイントをしっかり押さえましょう。

いくつかのリース会社をピックアップして、自分の希望するカーライフを送るのに最も適したリース会社やプランを選ぶことが大事です。

特に料金の安さだけに着目すると、契約期間終了時に残価の追加精算を求められるなど、予想外の出費を求められる場合もあるので注意しましょう。

まとめ

①カーリースはリース会社が車を購入し、契約者が月々のリース代を支払って車を借りて乗る仕組みです。
②リース代は車両本体価格から残価を差し引き、税金などの維持費を含めた総額を契約月数で割った金額になります。
③利用には審査が必要です。年齢制限もありますが、条件をクリアすれば未成年や高齢者、無職の方でも契約できます。
④カーリースの契約期間は1年~7年位が一般的です。
⑤カーリースは経済状況やライフスタイルによって向き、不向きがあるので利用するか十分検討しましょう。
カーリースってどんなクルマが選べるの?
グーネット定額乗りマガジン編集部
グーネット定額乗りマガジン編集部

カーリースに関してのエキスパート集団です。カーリースに関する様々な疑問にお答えしていきます。