公道を走行する車は全て車検を受けることが法律で義務付けられています。それは、リース車も同様です。

リース車の車検費用は、プランによってリース代に含まれるか否かが違ってきます。また、メンテナンスを含む契約でも、どのプランを選ぶかでメンテナンスの内容や回数、月々のリース代も変わってきます。

また、車検費用を少しでも抑えるための方法も紹介するので見ていきましょう。

車検は法律で義務づけられた制度

車検は法律で義務づけられた制度
車検は正式には「自動車検査登録制度」と呼ばれ、道路運送車両法という法律で公道を走行する全ての車に義務付けられています。

車検を受けていないもしくは期限が切れた車で公道を走行することはできません。もし、走行すれば法律違反ということで、罰金もしくは懲役の罰則が科されます。

車検には期限があって、受けるタイミングなどが決まっています。普通乗用車の場合は、初めて車検を受けるのは新車登録から3年後です。その後は2年ごとに期限を設けており、その都度車検を受けなければならないと決まっています。

カーリースのリース車も車検が必要

車は便利な移動手段ですが、同時に交通事故や故障などを招く危険な乗り物とも言えます。そのため、車検では車が決められた安全基準を満たしているか細かくチェックします。

カーリースのリース車も同様に、車検を受けなければなりません。リース車の「所有者はリース会社」ですが、「使用者はリース契約者」となっています。

リース契約者は、あくまでも期間内に車を借りて乗るという立場です。車検証の所有者欄にもリース会社名が記載されています。

しかし、実際に車を使っているのはリース契約者なので、車を管理し、安全性を維持する責任はリース契約者にあるとされています。そのため、リース契約者自身がリース車の車検の手配や手続きなどをしなければなりません。

車検にかかる費用

車検にかかる費用
車検を受けるには、色々な費用がかかってきます。カーリースを利用する上でも、どのような費用がどの位かかるのか知っておく必要があるでしょう。

まず、車検費用は「法定費用」と「車検基本料」と「部品交換費用」の大きく3つに分けられます。

法定費用は、必ずどの車であっても支払わなければならない費用です。主に税金や自賠責保険料が含まれます。

車検基本料は、車検を行う業者に整備、点検を依頼する際にかかる費用です。

部品交換費用は、メンテナンスを行った際に交換が必要な部品があった場合、その部品代や工賃にかかる費用です。

車検費用は車の車種や車の状態、車検業者によって大きく違ってきます。

法定費用

法定費用というのは、法律によって既に金額が決まっています。

内訳としては「自動車重量税」「自賠責保険料」「印紙代」などが含まれています。

自動車重量税

自動車重量税は、車の重量に応じて税額が決まっている税金です。車検の度に次の車検までの期間分を前払いする形をとります。

車の重量が0.5t重くなる度に税額も高くなります。また、新規登録から13年以上経つと税額が上がり、18年以上経つとさらに高くなる仕組みです。

自賠責保険料

自賠責保険は、車を運行する場合に未加入の場合は罰せられる、加入しなければならない強制保険です。カーリースの場合は、契約時に既に加入手続きが済んでいます。

リース車でも自己所有の車であっても、車検ごとに次の車検までの保険料を前払いしています。車種によって保険料は異なります。

印紙代

印紙代は、車検に関する手続きの手数料のことです。

車検では、自社で検査ができる「指定工場」と、それ以外の検査場に持ち込んで検査を行う「認定工場」があります。この2つの場合、指定工場のほうが印紙代がやや安いです。

車検基本料

車検は通常、業者に依頼して行うため、車検基本料は業者に支払う費用になります。

内訳としては「法定24ヶ月点検の整備代」や「代行手数料」などです。

法定24ヶ月点検の整備代

車検とは別に、車の安全性をチェックしてメンテナンスを行うために法定点検を受けることも義務付けられています。

法定24ヶ月点検は、車検前に受けるのが一般的です。車検前にきちんと整備しておくことで車検に通りやすくなります。そのため、車検を依頼した業者で一緒に行うと車検基本料の中に含まれています。

代行手数料

代行手数料というのは、本人に代わり業者が車検に関する手続きを行った際の事務手数料のことです。

部品交換費用

車検前の法定24ヶ月点検を行うと、エンジンオイル、バッテリー、ブレーキオイルなどが消耗している場合もあります。

また、タイヤの摩耗やワイパーゴムの消耗などが見られると交換が必要になるでしょう。

車検には国が定める安全基準が採用されており、基準を満たさないと車検に合格できません。車検を通すためにも部品交換が必要になるときもあります。

そのためにかかる部品代や部品を交換するための技術料としての工賃が、部品交換費用です。

また、車検に関係なくても車の安全走行を保つために劣化した部品を交換する場合もあります。部品交換費用については業者によって差があります。

リース車の車検費用

リース車の車検費用
カーリースの車検費用に関しては、月々のリース代に含まれる費用と含まれない費用があるので見ていきましょう。

まず、自動車重量税や自賠責保険料などの法定費用は、基本的にリース代に含まれます。一方で、車検基本料などメンテナンスに伴う部品交換費用が、月々のリース代に含まれるかは契約するプランによって異なります。

オイル交換などのメンテナンスや法定点検、車検費用が含まれるメンテナンスリースの場合、毎月のリース代に組み込まれています。回数や内容などはプランによって異なるので、調べてみましょう。

法定費用はリース代に含まれる

車検にかかる費用のうち、法定費用に関してはリース代に含まれているのが一般的です。

自動車重量税や自賠責保険料などを、車検時に別途支払う必要はありません。そのため、車検時にまとまったお金を準備しなくてもよいので効率的です。

さらに、自動車重量税や自賠責保険は期限が決まっています。期限を忘れてしまうと滞納となったり、保険が切れてしまったりして万一の事故の際も保険での補償がなされません。あらかじめリース代に含まれていれば、そういった心配もなく車が使えます。

メンテンナンスリースは車検費用がリース代に含まれる

車検基本料がリース代に含まれるかどうかは、リースのプランによって違ってくるので要注意です。

リースプランは大きく分けると、「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2つに分かれています。

メンテナンスリースを選ぶと含まれているのは、法定点検費用や車検料や部品交換費用など、メンテナンス時にかかる費用です。

メンテナンスリースといっても、点検や整備の回数や内容などはプランごとに異なり、それに伴って料金も違います。

例えば、あるリース会社のメンテナンス付き7年のリース契約の場合は、以下のように内容と回数が決まっています。

  • 法定点検4回
  • 車検2回
  • エンジンオイル交換は13回
  • バッテリー交換2回
  • ブレーキパッド交換1回
  • ワイパーゴム交換とウォッシャー液補充各6回 など

メンテナンスの回数が多くて細かいとその分、月々のリース代は高くなります。ただ、多少費用がかかってもメンテナンスを全て任せたいという方には便利だと言えるでしょう。

ファイナンスリースは車検費用が自己負担

ファイナンスリースというプランの場合は、メンテナンスにかかる費用はリース代に含まれません。そのため、車検や点検時の部品交換代や通常のオイル交換などの定期的なメンテナンス時の費用は契約者の自己負担となります。

ただし、法定費用は元からリース代に含まれているのでその都度支払う必要はありません。

リース車の車検場所

リース車の車検場所
車検を請け負う業者というと、ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドや車検専門店、整備工場などが挙げられます。

カーリースでは、車検を行う場所があらかじめ決まっているリース会社もあるので、注意が必要です。

メンテナンスリースの場合、基本的にはリース会社指定の整備工場で車検を受けなければなりません。もし指定工場以外の業者にリース車を持ち込んで勝手に車検を受けてしまうと、車検費用を自己負担しなければならない場合もあるので気を付けてください。

「どこで車検を受ければよいかわからない」という場合は、契約時にきちんと確認しておくと安心です。

また、車検時期が近付くとリース会社から連絡が来るはずなので、忘れてたまま車検が切れるということにならないでしょう。

ファイナンスリースの場合は、車検を受ける場所は特に指定がないことが多いので、自分で探して手配することになります。

リース車の車検の流れ

リース車の車検の流れ
車検の期限が近付くと、リース会社から車検の案内のハガキが届いたり、電話やメールなどで連絡が来たりする場合がほとんどです。

メンテナンスリースの場合、リース会社指定の整備工場で車検を受けるので、連絡して車検希望日を予約します。予約なしでいきなり車を持って行ってもやってもらえないので気を付けましょう。

予約日に車を整備工場まで乗っていき、受付をしてください。そして、点検を行い、メンテナンスが必要な箇所に関しては費用などの説明がなされます。

メンテナンス後に車検を通し、無事に合格となれば車と新しい車検証などを受け取ります。

車検にかかる時間は整備工場によって違います。大体「数時間~数日」です。数日かかる場合は、希望すれば代車を借りることができます。

ファイナンスリースの場合は、自分で自由に点検や車検の依頼先を決めることができる場合が多いです。カー用品店など車検業者を探して見積もりを取りましょう。

業者が決まればあとは予約を取るなどメンテナンスリースと同じ流れになります。

リース車の車検費用を少しでも抑えるには?

カーリースであっても、特にファイナンスリースの場合、車検費用は法定費用を除いて、自己負担になります。そのため、少しでも安くしたいという方も多いでしょう。

ファイナンスリースを選び、普段のメンテナンスはできる限り自分で行い、専門的な箇所のみ業者に依頼すると費用の節約にもなります。

また、車検業者の費用も色々なので、取った見積もりは高いけれど技術力のしっかりした業者に依頼することも大事です。

また、日頃の運転に気を付けるだけでも、エンジンなどの部品の劣化を遅らせることができるので、メンテナンス費用を抑えるには効果的です。

ファイナンスリースを選び車検依頼先を自分で探す

リース車の車検費用を少しでも抑えるには? ファイナンスリースを選び車検依頼先を自分で探す
メンテナンスリースは、車検や法定点検の技術料や手数料の他、オイル交換などの定期的なメンテナンス費用が含まれます。

そのため、どうしても月のリース代が高い傾向にあります。車検時にまとまったお金は不要ですが、割高に感じてしまうものです。

車検費用を少しでも抑えたいなら、税金などの必要最小限の維持費が含まれるだけのファイナンスリースで契約した方が良いとも言えます。

そして、車検の依頼先に関しては自分でカー用品店や整備工場、車検専門業者などを調べて見積もりを出してもらいましょう。価格や内容を比較してよりよい業者を選ぶというのも車検費用の節約につながります。

できる限りセルフメンテナンスを行う

カーリースではメンテナンス付きのプランを選ぶことで、エンジンオイル交換などのメンテナンス代がリース代に上乗せされることになります。

ファイナンスリースは、メンテナンスが付かない分リース代を安く抑えることも可能です。

車のメンテナンスは一見難しそうに思えますが、自分でやれることもあります。

例えば、ワイパーのゴムは紫外線や気温差などで劣化しやすいですが、比較的簡単に交換が可能です。他にもウォッシャー液の補充やタイヤ交換(ホイール付きのタイヤの履き替え)なども慣れれば十分セルフメンテナンスできます。

エンジンオイル交換など専門的なメンテナンスは素人では難しいですが、例えば自分でエンジンオイルを安く購入し、交換だけを業者に依頼すれば費用の節約になるでしょう。

できる限りセルフメンテナンスを行うことで、多少なりとも車検費用を抑えることができます。

日頃からエコ運転を心がける

リース車の車検費用を少しでも抑えるには? 日頃からエコ運転を心がける
日頃の運転の仕方によって車の部品が長持ちし、メンテナンス費用の節約にもつながるとされています。

例えば、道路が混んでいるのに急ブレーキや急発進を繰り返す運転は、その都度エンジンやブレーキに大きな負荷がかかります。そのため、エンジンオイルやブレーキパッドなどの部品の消耗や劣化が早まるでしょう。

また、タイヤも強い摩擦を繰り返すことになるので、溝の減り具合が早く交換頻度が高くなってしまうのです。

普段から発進時はゆっくりアクセルを踏み、徐々に加速する。走行時は先の状況を見てアクセルを一定に踏む。早めにアクセルを緩めて減速する。といったエコ運転を心がけてください。

エコ運転は燃費の向上にもなるので、ガソリン代節約にもつながります!

車種やグレードの引き下げも検討

購入しなくても、自分の好きなメーカー、車種に乗れるというのがカーリースの魅力の一つです。しかし、予算に見合わないランクの車は家計を圧迫してしまいます。

リース車であっても車検は必ず通さなければならず、プランによっては車検費用は自己負担となるので、経済的な負担も大きくなります。

車検費用を省くことができないとなると、「車両本体価格がやや安い別のメーカーの同じ車種の車に変える」「グレードを下げる」「オプションのランクを下げるもしくは減らす」ことでリース代自体を抑えることも可能です。

リース代を抑えられると、その分を車検にかかる費用に回せるので検討してみましょう。

車の管理が面倒な方にはメンテナンスリースが楽

車の管理が面倒な方にはメンテナンスリースが楽
メンテナンスリースは、メンテナンスにかかる費用がカバーされているので、どうしてもリース代に響いてきます。

しかし、点検や車検、部品交換などを指定の整備工場で全てやってもらえます。車の管理が一元化されるので効率的であり、車の管理が面倒に感じてる方にとっては、かなり楽になります。

また、メンテナンスには簡単なものもありますが、年齢的にもセルフメンテナンスがどうしても難しいという方にとっても有効的なプランだと言えるでしょう。

費用を選ぶか、利便性や安心を選ぶか、何を優先するかは個々で違うのでどちらが良いかは一概には言えません。

メンテナンスリースはリース会社によって付帯するサービスに違いがあるので、会社ごとにプランを比較してみてください。

経済状況などを考慮し、リースプランを選ぼう

車検費用が含まれるメンテナンスリースか、自己負担となるファイナンスリースにするかは個々の事情により異なるでしょう。

「自分で車が管理できる」「ある程度セルフメンテナンスもできる」「とにかく費用を抑えたい」という方ならファイナンスリースが適しているでしょう。

逆に、車の管理が面倒で多少費用がかかっても任せたいならメンテナンスリースが向いています。

車の管理の有無や経済状況などをトータルで考えて、無理なくリース契約を維持できるようなプランを選ぶことが大事です。

まとめ

①カーリースのリース車も法律で車検を受けなければならないと規定されています。
②車検費用のうち、法定費用はリース代に含まれます。
③メンテナンスリースなら、車検基本料と部品交換代もリース代に含まれます。
④ファイナンスリースは、法定費用以外は自己負担となります。
⑤メンテナンスリースでは車検場所がリース会社の指定した整備工場と決まっています。
⑥車検費用を抑えるには、ファイナンスリースで安い車検業者に依頼するなどの方法があります。
カーリースってどんなクルマが選べるの?
グーネット定額乗りマガジン編集部
グーネット定額乗りマガジン編集部

カーリースに関してのエキスパート集団です。カーリースに関する様々な疑問にお答えしていきます。