車を日常的に使いたい場合、ローンを組んで購入するかカーリースを利用するか迷う方もいるかもしれません。

カーリースは車にかかる費用が安く、お得で使いやすいと言われています。その理由やリース代を抑える方法を知っておくと、利用を検討する上で役立ちます。

また、ローン購入やレンタカーなど他のカーサービスとリースとの費用を比較してみました。比較すればどのくらい安いか分かりやすいので見ていきましょう。

カーリースの料金のしくみ

カーリースでは、自分の欲しい車をリース会社が代わりに購入してくれます。リース契約を結び、契約者が月のリース代を支払うことで車を一時的に借りて乗るという車のレンタルサービスの一種です。

カーリースで契約者が支払う月のリース代は、車本体の購入価格に税金や保険料などの一部維持費を加算した総額をリース契約月数で割った金額になります。そして、車両本体価格からは残価が差し引かれる場合が多いです。

残価とは?
リース契約満了時に予想される車の価値を表した金額のことです。

残価が高いとその分リース代も安くなるということになります。

車のリースが安い理由

車のリースが安い理由
車を購入して維持管理するには費用がかかりますが、カーリース車にかかる費用は安く、お得だと言われています。

カーリースでは、契約終了時の車の価値「残価」を設定し、車両本体価格から残価を予め差し引くというのも理由の一つです。

さらに、リース契約が長期間であれば、その分毎月のリース代も安くなるなどの理由が挙げられます。

購入するより車両本体価格は安い場合がある

月に支払うリース代は、車両本体価格と税金などの維持費をリース契約月数で割った金額です。車両本体価格がリース代の大部分を占めてるため、車両本体価格が安いとその分リース代も安くなるということです。

契約者に貸すリース車は、リース会社が車の販売店から購入しています。独自の仕入れルートを持っているリース会社が多く、一般的な販売価格よりも安い価格で購入できるとされています。

また大量に車を仕入れることで、1台あたりの仕入価格も1台購入するよりも抑えられるという点もメリットです。その分がリース代に反映されるため、月の支払いが安くなります。

残価を設定する

車のリースが安い理由 残価を設定する
カーリースの月額料金には、車両本体価格が含まれています。この車両本体価格から残価が差し引かれます。

残価というのは、リース契約満了時にリース車を中古車として買い取る際の市場価値のことです。つまり、数年後の中古車として下取りに出した際の予想価格になります。

カーリースではこの残価を設定し、車両本体価格から差し引くことでその分リース代が安くなるという仕組みです。一般的に新車は購入から3年後で新車価格の約50~60%、5年後には約30%の価格に下落します。

例えば、車両本体価格が200万円の車で、3年のリース契約だとしたら残価は120~100万円位です。5年のリース契約だと約60万円程と設定できます。

この残価分を新車価格から差し引いた金額、この場合では80~100万円(3年のリース契約)もしくは140万円(5年のリース契約)に維持費を加算した金額を契約年数で割った金額が月のリース代になるというわけです。

残価を設定する上で、リースの契約には2つの方式があるので知っておきましょう。

1.契約者に残価を公開する「オープンエンドリース」方式

契約終了時の査定によって残価が減額となれば差額分の支払いが、増額となれば差額分を受け取ることができます。

2.契約者に残価を公開しない「クローズドエンドリース」方式

残価の増減があっても契約終了時に差額を請求されることも、差額を受け取ることもありません。残価のリスクがより低いのはクローズドエンドリースだとされています。

初期費用がほぼかからない

車を購入するとなると、頭金が必要となる場合が多いです。頭金は車両本体価格にもよりますが、数十万円程かかるのが一般的です。

また、車を購入する際は、自動車重量税や環境性能割など車にかかる税金や自賠責保険料、登録料などの諸費用が初期費用として必要になってきます。そのため、購入契約時点である程度まとまった資金を調達しなければなりません。

しかし、カーリースでは契約開始から終了までずっと毎月決まった額を支払うだけで、車をマイカーのように使用できます。

つまり、頭金や初期費用がかからないので、貯金が少ない方やまとまった資金がない方でも手軽に車を使うことができるということです。

長期リースにすると月々の費用がお得になる

リース代は、車両本体価格から残価を差し引き、税金などの維持費を足してリース契約年数で割った金額を月々支払います。そのため、リース契約年数が長い方が月々の定額リース代が安くなるという仕組みになっています。

カーリースの契約期間は、一般的に1年~7年位です。リース会社によっては1年ごとに契約年数を選べることもあります。

また、3年、5年、7年と契約年数もプランで決まっているリース会社もあります。この場合、3年よりも5年、5年よりも7年でリース契約を結ぶ方がリース代は安くなると言えます。

メンテナンス付きプランなら出費が抑えられる場合もある

メンテナンス付きプランなら出費が抑えられる場合もある
カーリースのリースプランは大きく2つに分けられます。

1.ファイナンスリース

リース代に車両本体価格や自動車税、自賠責保険料を含んでいるプラン

2.メンテナンスリース

リース代にオイル交換や法定点検、車検などのメンテナンスにかかる費用が含まれているプラン

ファイナンスリースよりも整備費用を含む分、メンテナンスリースの方がリース代は料金が高く設定されています。

ただ、車はオイル交換など定期的なメンテナンスは必須であり、法律で規定されているので法定点検や車検も受けなければなりません。

ファイナンスリースの場合、その都度自分でメンテナンス先を探し、整備費用を負担することになります。メンテナンスリースの場合、メンテナンス費用が予めリース代に含まれているので、急な出費に困ることもないでしょう。

また、メンテナンスのプランによっては、自分でその都度メンテナンス費用を負担するよりも安く済む場合もあります。そのため、プラン次第ではメンテナンス費用を安くすることも可能です。

中古車にすると更に安くなる

リース会社が用意してくれるリース車は、新車だけとは限りません。中古車を扱うリース会社もあります。

中古車と言っても、状態の良い車ならキレイで機能性も高いので、より新車に近い車が手に入ることもあります。それでも中古車は新車よりも車両本体価格が安いのが一般的です。

新車登録から年数が経過すれば、車両本体価格も下がります。中古車をリースすれば、月のリース代も新車よりも安くなるので経済的な負担を減らすことができるでしょう。

車種によって価格は異なりますが、新車の軽自動車なら安くて月に20,000円前後のリース代で車をリースできます。普通車でも30,000円位からリースが可能です。

中古車の場合はそれよりも毎月のリース代が安くなるのでお得だと言えます。

リース代をもっと安くするには?

カーリースのリース代をさらに安く抑えるために、契約期間中は特に気を付けなければならないことがあります。

リース契約期間終了時に車の査定を行いますが、その際に「車のボディに傷や凹みがないか」「車内に汚れや臭いがついていないか」を確認しなければなりません。

もし傷や汚れなどがあれば、中古車としての価値が下がるので、原状回復するために費用を別途請求される可能性があります。

さらに、走行距離の制限が設定されており、オーバーすると超過距離分の追加金も請求されるケースが多いです。

リース車は借りているという意識を持って、丁寧に扱い、ルールを守って使うことが大事です。他にもできるメンテナンスはセルフで行うと、整備にかかる費用が節約になります。

また、ガソリンスタンド系リース会社と契約することで、ガソリンが割引価格で給油できるということもあります。こういったお得なサービスを展開するリース会社を利用するのも、一つの手です。

車の傷や凹み、車内の汚れや臭いに注意

リース代をもっと安くするには? 車の傷や凹み、車内の汚れや臭いに注意
契約終了時に、契約開始当初に近い状態でリース車を返却しなければなりません。

返却時には車の査定が行われます。それは、ボディの傷や凹みの有無、車内の汚れや臭いなどを確認するためです。

傷や凹み、汚れなどがあれば原状回復にかかる費用が追加金として請求される可能性があります。傷や凹みの程度によって追加金の額も変わってきますが、契約終了時に余分な出費が増えることになるかもしれません。

しかし、車を大切に扱い、傷や凹みをつけないように注意して乗るように心がけるだけでも違ってきます。また、定期的に洗車を行い傷の有無をこまめにチェックすることも大事です。

車内の臭い防止として、車内でタバコを吸わない、ペットなども極力乗せないという点にも気を付けましょう。

走行距離の制限を超えないようにする

カーリースでは、契約時に車の走行距離に制限が設けられている場合が多いので注意が必要です。

走行距離が多い車は、エンジンなどにも負荷がかかりパーツの劣化なども進むとされており、年式が新しくても中古車市場での価値が下がります。

リース車は中古車として買い取ることを前提にしています。設定された走行距離をオーバーした形で契約終了を迎えると、「1㎞につきいくら」という形で追加金を請求される可能性が高いでしょう。

走行距離の制限は月に500~2,000㎞位に設定されてる場合が多く、リース会社によってもプランによっても異なるので確認しておかなければなりません。

契約期間中は制限走行距離を超えないように乗り方に気を付ければ、追加金の発生を防ぐことができ、費用節約にもつながります。

簡単なメンテナンスは自分で行う

リース代をもっと安くするには? 簡単なメンテナンスは自分で行う
メンテナンスリースを選ぶことは、費用対効果につながるとされています。メンテナンスつきのリースプランといっても、リース会社によって内容が異なります。

法定点検や車検、オイル交換など最低限のメンテナンス費が含まれるプランもあれば、タイヤ交換やバッテリー交換などほぼ全てのメンテナンスをカバーしているプランもあります。

当然、多くのメンテナンスをカバーするプランは便利です。しかし、そのぶん費用もかかってきます。車のメンテナンスは多岐にわたり、安全と機能性維持のためには定期的に行わなければなりません。

リース代を安くするには、最低限のメンテナンスプランに加入し、できるメンテナンスはセルフで行うのも効果的です。「ワイパーゴムの交換」や「タイヤ交換」などはやり方を覚えれば割と簡単にできるメンテナンスです。

また、敢えてメンテナンスプランに入らず、車検や法定点検を安くやってもらえる整備工場などが見つかれば、そこに依頼することも費用節約になる場合があるので、検討してみましょう。

ガソリンスタンド系リース会社ならガソリン代が割安になる

車の維持費の中でも、どうしても外せないのが燃料費です。

車を使う頻度も走行距離も人によって違ってくるので、リース代には燃料費は含まれません。しかし、給油しなければ車を使うことはできないので、燃料費は自己負担で支払うことになります。

この燃料費を少しでも安くし、維持費削減を目指すにはリース会社選びも重要なポイントです!

リース会社の中には、ガソリンスタンドを経営する会社でリース事業を展開しているところがあります。いわゆる「ガソリンスタンド系のリース会社」と契約すると、燃料費に関する特典が受けられる場合があります。

リース契約期間中は、「1ℓにつき数円~十円単位の割引価格で給油できる」という特典です。

特に走行距離が多い方にとっては、燃料費が抑えられるので車の維持費の節約にもつながるでしょう。

車の購入や他のカーサービスとかかる費用を比較

車にかかる費用がどのくらい安いのかをチェックするには、車を購入した場合や他のカーサービスを利用した場合の費用と比較するのが分かりやすいです。

  • 新車をローン購入した場合
  • レンタカーを利用した場合
  • カーシェアを利用した場合

これら3つとカーリースを利用した場合をそれぞれ比較します。費用がどのくらい違ってくるのかを見てみましょう。

また、利用の目的や特徴について知っておくことで、自分に合ったカーサービスが選びやすくなります。

カーリースとカーローンの費用を比較

カーリースとカーローンの費用を比較
車を購入する際に、ローンを組むと月々の返済額に利息が加算されるので、その分支払額が高くなります。

カーリースとローンでは、どのくらい費用に差があるのかを人気のミニバンを一例として比較してみましょう。

カーリースの場合

5年のリース契約で車検などのメンテナンス込みのプランで考えた場合、月々の支払いは35,000円程です。

ローンの場合

まず、車両の1割にあたる頭金約100,000円、自賠責保険料などの初期費用が約100,000円、計約200,000円が初回払いにかかります。

利率3.5%で60回均等払いとすると、ローンの月々の返済額は約28,000円です。ただ、他にも車検費用や法定点検代などのメンテナンス代が約300,000円程、自動車税や自賠責保険料などの維持費も5年分で150,000円程かかります。

トータルの費用を比較すると、カーリースの方が安く抑えられるのでお得です。

カーリースとレンタカーの費用を比較

カーリースとレンタカーの費用を比較
レンタカーは、出張や旅行などで数時間もしくは数日間という、短期間車を借りる際に便利なカーレンタルサービスです。

そのため、費用も「日数もしくは1時間単位」で決まっている場合が多いです。一方、カーリースは年契約で月単位の料金が決められています。

レンタカーは車種によっても費用が異なりますが、基本的に中古車です。一方、カーリースの場合、新車でも中古車でも選べ、リースは契約年数によって月のリース代が変わってきます。

例えばレンタカーだと、ミニバンで1日8,000円程かかります。月に換算すると96,000円程かかる計算です。

カーリースで5年契約でメンテナンスプランつきでも月に38,000円程なので、5年で比較してもカーリースの方がお得だと言えるでしょう。

カーリースとカーシェアの費用を比較

カーリースとカーシェアの費用を比較
カーシェアとは、自分一人ではなく、複数人で同じ車を共有して使うカーレンタルサービスの一種です。カーシェア会社に会員登録し、車の空き状況を確認して使用したい日時を予約すれば、その時間に車を使用できるというシステムとなっています。

料金は「分単位」で決められていることが多く、どちらかというと短時間車を借りることを前提としています。

カーシェアリングの料金は、車種によって異なりますが、15分300円前後です。1日で6,000円~12,000円前後なんで、月に換算すると180,000円~360,000円前後の計算になります。

年単位での契約となるカーリースとは性質が異なりますが、1ヶ月の料金を比較するとカーリースの方がお得であることがわかるでしょう。

カーリースが費用面ではお得

車を使いたい場合、ローンを組んで購入したりカーリースやレンタカーなどを利用したりと手段は色々あります。ただ、車を日常的に使うとなると、短時間利用するレンタカーやカーシェアは費用がかかりすぎます。

ローンを組むと金利がかかるので、余計に経済的な負担が増えるでしょう。その点、カーリースは毎月定額のリース代を支払えば、マイカーとほぼ同じようにリース車を使うことができます。

リースプランも会社によって違うので自分にあった合ったプランを選ぶことが大事です。カーリースをうまく活用すれば、充実したカーライフを送ることができます。

まとめ

①カーリースは独自のルートで大量に車を仕入れるので車両本体価格が安くなる傾向にある
②残価を設定し車両本体価格から差し引く、初期費用が不要、長期契約だとリース代が下がるといった安さの理由がある
③ボディの傷や車内の汚れに注意する、走行距離の制限を超えないなど気を付ければ契約終了時の追加金発生を防げる
④カーリースをうまく活用することで、ローン購入やレンタカーなどと比べると車にかかる費用を安く抑えられる
カーリースってどんなクルマが選べるの?
グーネット定額乗りマガジン編集部
グーネット定額乗りマガジン編集部

カーリースに関してのエキスパート集団です。カーリースに関する様々な疑問にお答えしていきます。